12人、岐阜オープン切符 ヒマラヤGOLFカップ

2019年11月08日 11:47

優勝した上田崇宏(前列中央)ら岐阜オープン本戦出場を決めた選手ら=各務原CC

優勝した上田崇宏(前列中央)ら岐阜オープン本戦出場を決めた選手ら=各務原CC

 ゴルフの第8回ヒマラヤGOLFカップ(ヒマラヤ、岐阜新聞社 岐阜放送共催)は7日、各務原CC(6887ヤード、パー72)で行われ、上田崇宏(関ケ原)が唯一のパープレーで優勝した。上田ら12人が岐阜オープンクラシック(来年4月11、12日・同CC)の本戦切符をつかんだ。

 25歳以上のアマチュア101選手が出場。18ホールストロークプレーで、シニア(50歳以上)の上位6人と、6人以外の上位6人に与えられる本戦出場権を懸け競った。

 インスタートの上田は、12番で3パットをたたいてボギーとなったが、その後は我慢のゴルフで前半を1オーバー。後半も3番でボギーだったが、5番と最終9番でバーディーを奪い、2バーディー2オーバーにまとめた。

=予選通過者

 ①上田崇宏(関ケ原)72(35、37)★②横山浩康(ローモンド)73(37、36)★③児島達之(春日井)74(37、37)④桂川博行(岡崎)75(40、35)⑤山藤晋吾(美濃関)75(38、37)★⑥藤井広文(各務原)75(37、38)⑦深川雅央(東名古屋)75(37、38)⑧斉藤祐(関ケ原)75(36、39)⑨辻田晴也(JGA)75(36、39)★⑮原田英明(瑞陵)77(39、38)★⑱森田康彦(谷汲)78(39、39)★(21)神谷茂(岡崎)79(42、37)

※同スコアは、マッチングスコアカード方式による


カテゴリ: スポーツ