クレーンのアーム、ケーブル接触 養老鉄道

2019年11月09日 07:45

トラックがアームを引っ掛けて、たわんだケーブル=8日午後0時45分、揖斐郡池田町池野、養老鉄道

トラックがアームを引っ掛けて、たわんだケーブル=8日午後0時45分、揖斐郡池田町池野、養老鉄道

 8日午前11時5分ごろ、岐阜県揖斐郡池田町池野、養老鉄道の池野-北池野間の踏切で、クレーン付きのトラックがアームを伸ばしたまま踏切に進入し、高さ5メートルのケーブルに接触した。けが人はいなかったが、沿線の電気系統にトラブルが発生し、午後9時現在、池野-揖斐間で運転を見合わせている。復旧のめどは立っていない。

 揖斐署などによると、トラックは運送会社の男性社員(75)が運転し、会社へ向かう途中だった。接触の影響で、沿線の踏切を制御する電気回路から発煙したほか、現場の踏切近くに立つ照明用電柱が倒れて線路をふさいだ。養老鉄道は揖斐-西大垣間を一時停電させて電柱の撤去や電気回路の修理に当たった。この影響で一時運転の見合わせや遅れが出た。

 養老鉄道は池野-揖斐間で代行バスを運行している。大垣-北大垣間と大垣-東赤坂間で名阪近鉄バスの路線バスによる代行輸送を行った。


カテゴリ: 社会