愛犬とワンダフルな時間 犬用グッズ販売や散歩教室

2019年11月12日 08:38

多くの愛犬家と犬でにぎわう会場=多治見市豊岡町、ヤマカまなびパーク

多くの愛犬家と犬でにぎわう会場=多治見市豊岡町、ヤマカまなびパーク

 岐阜県多治見市で子育て支援に取り組むNPO法人「ママズカフェ」(山本博子理事長)が10日、同市豊岡町のヤマカまなびパークなどで「ワン!わんわんマルシェ」を開き、グッズ販売やイベントを通して愛犬家に犬と楽しく過ごすひとときを提供した。

 市のにぎわい創出や移住定住促進に犬や猫といったペットが寄与できないかと考えて企画。国土交通省の「民間まちづくり活動促進事業」の補助金を活用してイベントを開き、集客力や来場者の満足度などを調べる目的もある。ペットを死ぬまで育てる「終生飼育」を啓発するNPO法人「KIMIMO」(名古屋市)が開催に協力した。

 メイン会場の同パークでは、犬用の服や散歩時に使える手提げかばんなどを販売するブースが並び、多くの愛犬家がお気に入りの商品を探した。市内の土岐川沿いでは散歩教室があり、岐阜市動物愛護推進員の田口尚也さんが参加者にアドバイスを送った。

 山本理事長は「来場者数が予想以上に多く、イベントは成功した。来場者に実施したアンケートの結果など開催実績を国土交通省に報告する」と手応えを話した。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化