年の初めに「うながっぱ」 特製年賀はがき販売

2019年11月13日 08:59

うながっぱの年賀はがきをPRする多治見市観光協会の担当者=同市役所

うながっぱの年賀はがきをPRする多治見市観光協会の担当者=同市役所

 岐阜県多治見市観光協会は、市マスコットキャラクター「うながっぱ」を印刷したオリジナル年賀はがきの限定販売を始めた。販売枚数は、先行予約分を含めて400セット(1セット5枚入り)。同協会担当者は「うながっぱで新年のあいさつはいかがですか」と、利用を呼び掛けている。

 価格は1セット550円(税込み)。来年開催される東京五輪・パラリンピックにちなみ、五つのうながっぱの顔が五輪のシンボルマークのように配置されている。背景は大会エンブレムを意識し、黄色を基調とする市松模様を採用した。

 販売場所は同協会事務所(日ノ出町)、多治見駅観光案内所(音羽町)、市PRセンター(本町)の3カ所。先行予約で約100セットが販売済みで、店頭販売されるのは300セットほど。担当者は「昨年は販売開始から6日で売り切れた。年賀はがきでうながっぱを市外の人たちにアピールしてほしい」と話す。問い合わせは同協会、電話0572(51)8156。


カテゴリ: くらし・文化