アピタ岐阜店から転換のドンキ営業時間 午前9時から翌0時まで

2019年11月14日 08:03

 岐阜市加納神明町のアピタ岐阜店がドン・キホーテへと業態転換することに伴って変更する朝や深夜の営業時間を見直すよう地域住民らが求めている問題で、アピタを運営するユニー(愛知県稲沢市)が営業時間を午前9時~翌日午前0時にする方針を住民側に伝えたことが13日、住民への取材で分かった。住民側は現行の午前9時~午後9時の維持を要望していた。

 地元の加納西まちづくり協議会や加納西自治会連合会が会合を開き、非公開でユニー側から営業時間について回答があった。協議会は9月に、2663人分の署名を添えた要望書をユニーや市へ提出していた。

 住民によると、ユニー側は当初営業時間を延長して午前8時~翌日午前0時とする考えを示していたが、今回は、朝の営業には配慮したものの、深夜営業は顧客ニーズに対応したと説明した。住民からは反対意見が上がったという。

 ディスカウント店「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都)は来年3月に、子会社ユニーが運営するアピタ岐阜店を「MEGAドン・キホーテUNY(仮称)」にする。岐阜店は12月に閉店する。


カテゴリ: くらし・文化 経済