独創的メタルアート 関市で展示

2019年11月17日 08:52

大小さまざまな金属加工作品が並ぶ会場=関市倉知、マーゴ

大小さまざまな金属加工作品が並ぶ会場=関市倉知、マーゴ

 金属製の芸術作品が集う「関メタルアート展」(関商工会議所青年部主催、岐阜新聞社 岐阜放送など後援)が16日、岐阜県関市倉知のマーゴで始まり、独創的なデザインとともに、金属ならではの光沢や無機質な材質感を生かした力作が注目を集めている。17日まで。

 刃物など金属加工に関わる事業所が多い関のものづくりの力をPRしようと、毎年、10月の刃物まつりに合わせて開催しているが、今年は台風で中止となり、延期されていた。その影響で一部出展を取りやめた作者もあったが、小学生、一般の両部門に加え、関商工高校(同市桐ケ丘)の生徒と市内の金属加工業6社がコラボした協働制作部門に計81点の応募があった。

 会場にはデコレーショントラックやバイクなどを忠実に再現した作品や、甲冑(かっちゅう)や模造刀、観覧車のオブジェなど芸術性の高い作品がずらりと並ぶ。審査は、審査員と来場者の投票で行われ、17日夕方に表彰式が行われる。


カテゴリ: おでかけ