105人が盤上で熱戦 県将棋フェス

2019年11月18日 08:42

真剣な表情で対局に臨む出場者=岐阜市橋本町、ハートフルスクエアーG

真剣な表情で対局に臨む出場者=岐阜市橋本町、ハートフルスクエアーG

 日本将棋連盟県支部連合会の県将棋フェスティバル(岐阜新聞社 岐阜放送共催)は17日、岐阜市橋本町のハートフルスクエアーGで開かれ、105人が盤上の熱戦を繰り広げた。

 7月から10月まで全3回で行った定期順位戦の上位入賞者らによるチャンピオン戦には、階級別の5クラスに計85人が出場。当日のみの一般戦には20人が対局した。

 会場では、プロ棋士の阪口悟六段が講演したほか、阪口六段や、同連盟が認定する将棋指導員による指導対局も行われた。


カテゴリ: くらし・文化

関連記事