恵那山に男性遺体、左胸に刺し傷 中津川

2019年11月18日 08:13

 中津川署は17日、中津川市神坂、恵那山の登山道近くで、16日に男性の遺体が見つかったと発表した。男性の左胸に刺し傷があり、署は自殺と事件の両面で捜査を進めている。

 署によると、同日午後2時15分ごろ、下山中の男性会社員(67)がうつぶせで倒れている男性を発見し、署に通報した。現場は山小屋「萬岳荘」から北西約390メートル先の登山道から約10メートル離れたやぶの中。遺体の近くには血の付いた果物ナイフのような刃物があった。着衣の乱れや争ったような形跡はなかった。

 遺体は30~40歳ぐらいで身長約160センチ、中肉、頭髪は黒髪。登山者の格好で、黒色のリュックサック、現金6万円ほどが入った黒色の財布などを持っていた。携帯電話や身元につながる所持品はなかった。


カテゴリ: 事件・事故 社会