「シクラメン市に来て」 飛騨高山高山田校舎で22日販売

2019年11月20日 08:56

来場を呼び掛ける生徒ら=岐阜新聞・岐阜放送ひだ高山総局

来場を呼び掛ける生徒ら=岐阜新聞・岐阜放送ひだ高山総局

 岐阜県高山市山田町、飛騨高山高校山田キャンパスで22日、毎年恒例の「シクラメン市」が開かれる。園芸科学科草花専攻の生徒らが育ててきたシクラメンの5号約千鉢を、割安で販売する。

 毎年、実習で2、3年生がシクラメンを生産。今年もピンクや赤、白、紫など色鮮やかな鉢の出荷準備に追われている。

 18日に岐阜新聞・岐阜放送ひだ高山総局を訪れた生徒は、葉と花茎のバランスを整える「葉組み」の難しさなどを振り返りながら出来の良さをPR。「いろんな色があり、ぜひ手に取って好きな花を見つけてほしい」と来場を呼び掛けた。「葉の様子をよく見ながら、水を切らさないで」と長持ちのこつも話した。

 販売時間は22日午後2~3時で700円(税込み)。ポインセチア200鉢も500円(同)で販売する。問い合わせは同校、電話0577(33)1060。


カテゴリ: おでかけ