伊吹山から冬の便り 初冠雪

2019年11月21日 08:06

山頂付近が雪化粧した伊吹山。手前はソフトピアジャパンセンタービル=20日午前9時57分、大垣市の揖斐川堤防から望む

山頂付近が雪化粧した伊吹山。手前はソフトピアジャパンセンタービル=20日午前9時57分、大垣市の揖斐川堤防から望む

 岐阜・滋賀県境にそびえる伊吹山(1377メートル)が20日、今季初めて冠雪した。滋賀県の彦根地方気象台によると、平年より4日遅く、昨年より3日早い。

 伊吹山ドライブウェイによると、標高1260メートルの山頂駐車場付近の木々に1センチ弱が積もり、雪化粧の状態になったという。初雪は今月15日で、昨年より8日早かった。

 「北陸から流れ込んだ雲が高い所の雪につながった」と岐阜地方気象台。県内は冬型の気圧配置の影響で好天となり、日中の最高気温は岐阜市が平年並みの14・7度、高山市が12月上旬並みの7・8度だった。


カテゴリ: 写真ニュース 社会