ボージョレ・ヌーボー21日解禁 メルシャンがPR

2019年11月21日 08:52

21日解禁のボージョレ・ヌーボーをPRする浜副博昭中部圏統括支社長=岐阜新聞・岐阜放送名古屋支社

21日解禁のボージョレ・ヌーボーをPRする浜副博昭中部圏統括支社長=岐阜新聞・岐阜放送名古屋支社

 メルシャン中部圏統括支社(名古屋市中村区)の浜副博昭支社長が20日、岐阜新聞・岐阜放送名古屋支社を訪れ、21日午前0時解禁のフランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」をPRした。

 同社は毎年、180年以上の歴史を持つ仏ブルゴーニュのアルベール・ビショー社から新酒を輸入。今年は定番の750ミリリットル入りの赤ワインをはじめ、酸化防止剤無添加のものやペットボトル入りのもの、白やピンク(ロゼ)など9種類を解禁に合わせて一般販売した。

 浜副支社長は「夏場が乾燥していたため、凝縮感のあるフレッシュな味に仕上がった」と手応えを語り、「赤や白を味わってもらいたいのはもちろんのこと、爽快感があり華やかな印象のピンクはどんな料理にも合うため、普段あまりワインを飲まない方にもお薦め」と話した。


カテゴリ: グルメ 経済