松の木、冬支度 高山市「雪つり」

2019年11月21日 08:31

松の枝に縄を結ぶ造園業者=20日午前9時25分、高山市神明町

松の枝に縄を結ぶ造園業者=20日午前9時25分、高山市神明町

 本格的な積雪シーズンを前に岐阜県高山市で20日、雪の重みから木を守る「雪つり」の作業が始まった。

 同市神明町の中橋近くでは、造園業者が松にくくり付けた支柱の先端から三、四十本の縄を放射線状に垂らし、枝に結んだ。通り掛かった観光客は足を止め、冬の風物詩にカメラを向けていた。

 作業は今月末まで続き、約30カ所にある60本ほどの松やハナミズキなどに施す。


カテゴリ: くらし・文化