KYB不正ダンパー使用疑いの2施設 12月7日から交換

2019年11月22日 08:31

 岐阜県多治見市の市民病院(前畑町)と市役所駅北庁舎(音羽町)に油圧機器メーカーKYBのデータ改ざんが疑われる免震用オイルダンパーが使われている問題で、同市は21日、2施設のダンパー交換作業の日程を発表した。市民病院は12月7~15日、駅北庁舎は来年4月11~25日に交換する。

 市によると、市民病院には6本、駅北庁舎には8本のダンパーがあり、全て改ざんの有無が不明だとして、基準を満たしたダンパーと交換する。病院の交換作業は地下ピット内で行うため、診察への影響はほぼないという。地下駐車場で作業を行う駅北庁舎は土日の駐車場利用ができなくなるため、作業時は近隣の駅北立体駐車場を代替駐車場にする。

 KYBは今年9月、岐阜新聞の取材に対し、「医療施設や災害時の活動拠点、避難拠点になる施設を優先して交換を進める」と答えていた。


カテゴリ: 社会