岐阜市で初氷 平年より11日早く

2019年11月22日 09:10

 岐阜地方気象台は21日、岐阜市で初氷を観測したと発表した。観測は昨年より3日早く、平年より11日早かった。

 県内は同日朝、晴れて放射冷却が起きた影響から、最低気温は同市で12月上旬並みの3・5度となるなど23観測地点のうち20地点で今季最低となった。最低気温が0度未満の冬日となったのは14地点あった。

 最も低かったのは高山市荘川町六厩の氷点下6・5度で、次いで同市朝日町宮之前で氷点下5・4度、同市奥飛騨温泉郷栃尾で氷点下3・3度の冷え込みとなった。


カテゴリ: くらし・文化