病院再編問題の質問状 「明確な回答ない」不信感

2019年12月03日 09:33

 再編・統合の議論が必要として厚生労働省が9月に公表した424の公立・公的病院の中に多治見市民病院(同市前畑町)が含まれていたことに反発し、厚労省に公開質問状を送った古川雅典市長と今井裕一院長が2日、同病院で会見し、11月29日付で届いた回答を公開した。病院開設者の古川市長は「質問への明確な回答がない」と厚労省への不信感を口にした。

 質問状では、公表に際して用いたデータの分析方法や市民病院が公表対象になった理由などのほか、公表によって病院が被った損害への補償に対する考えをただした。

 厚労省は、2017年度のデータを基に調査したことや、車で20分以内の場所に競合する県立多治見病院があるとして公表対象になった理由を答えたが、補償については「不安の声を解消するため、引き続き地域に足を運び説明責任を果たす」と明言を避けた。


カテゴリ: 医療 政治・行政