骨検診機器不具合、誤った結果通知か 海津市

2019年12月03日 09:44

 岐阜県海津市は2日、市医師会病院で行った市の骨検診で、骨密度測定機器の不具合により、誤った検査結果を受診者に通知した可能性があると発表した。30歳以上の市民が対象で、5月9日から11月12日までに763人が受診した。市は受診者全員に無料で再検査を行う。再検査の費用は病院が負担する。

 市によると、9月上旬~10月下旬に、受診した女性4人から「検査数値がおかしい」「精密検査をしたら正常だった」などと問い合わせがあり、病院が機器メーカーに連絡。メーカーが機器を点検し、検査数値が一部正常に出ていないことが分かった。機器は岐阜市の業者からのレンタルで、病院は11月13日に新しい機器に交換した。不具合の原因は調査中としている。


カテゴリ: 医療 政治・行政