淵上 澄雄氏
(ふちがみ・すみお=元プロ野球大洋投手)

2019年12月22日

 19日午後7時4分、心不全のため揖斐郡揖斐川町の病院で死去、71歳。高山市出身。自宅は揖斐郡大野町古川456の19。葬儀・告別式は22日午前11時から、大野町松山470、揖斐広域斎場で。喪主は長男誠(まこと)氏。

 岐阜短大付属高(現・岐阜第一高)でエースとして1965年の第37回選抜高等学校野球大会に出場、選手宣誓の大役を果たした。夏は三岐大会で敗れ、甲子園を逃したが、同年の1巡目岐阜国体では準優勝に輝いた。同年にドラフト3位で大洋ホエールズ(現DeNA)に入団、68年に3勝を挙げた。


カテゴリ: 訃報

関連記事