勝野 正之氏
(かつの・まさゆき=サッカー・FC岐阜初代監督)

2019年12月23日

 21日、致死性不整脈のため大垣市の自宅で死去、59歳。長野県出身。自宅は大垣市割田1の327の5。

 現役時代は日本サッカーリーグの西濃運輸でフォワードとしてプレーし、引退後は監督を務めた。97年の廃部後は、01年のFC岐阜創設に携わり、東海社会人リーグ1部に昇格する05年まで初代監督として指揮し、県初のプロスポーツチームの礎を築き、県サッカー界のレベルアップに貢献した。06年以降はゼネラルマネジャーやFC岐阜セカンドの監督を務め、19年からはセカンドの総監督だった。


カテゴリ: 訃報

関連記事