スゥープスに大声援 今年初のホーム戦、バスケB3 

2020年01月05日 08:33

今年初のホーム戦で盛り上がる岐阜スゥープスのファンら=岐阜市薮田南、OKBぎふ清流アリーナ

今年初のホーム戦で盛り上がる岐阜スゥープスのファンら=岐阜市薮田南、OKBぎふ清流アリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岐阜スゥープスの今年初のホーム戦が4日、岐阜市薮田南のOKBぎふ清流アリーナで「岐阜トヨペット・岐阜ダイハツPRESENTSニューイヤーマッチ」として行われ、約1800人の観客が熱狂した。

 岐阜トヨペットの加藤茂樹社長がティップオフイベントで見事にフリースローを決めて試合が始まると、吉田健太郎選手の3点シュートや外国人選手の豪快なダンクシュートに会場は大いに盛り上がった。

 吉田選手と同じ神戸中に通っていた女性(24)は「スリーポイントシュートやディフェンスの激しさがすごい」と大興奮。郡上市のクラブチームでプレーする郡南中3年生(15)は「最後まで諦めずにプレーする姿がかっこいい」と声援を送り続けた。

 試合は岐阜スゥープスが91-80で豊田合成に勝利した。


カテゴリ: スポーツ

関連記事