福の花わが手に 花奪い祭り

2020年01月07日 07:52

天井からつるされた花笠をつかんで引き落とす若者ら=6日午後2時33分、郡上市白鳥町長滝、長滝白山神社

天井からつるされた花笠をつかんで引き落とす若者ら=6日午後2時33分、郡上市白鳥町長滝、長滝白山神社

 岐阜県郡上市白鳥町長滝の長滝白山神社で6日、花奪(はなば)い祭りがあり、新年の福を求めて参拝者らが天井からつるされた縁起物の花笠(はながさ)を取り合った。

 同神社の祭礼「六日祭」の行事。竹や紙で作られた「花」を持ち帰ると、家内安全や商売繁盛にご利益があるとされる。

 拝殿では、民俗芸能「長滝の延年」(国重要無形民俗文化財)が奉納される中、若者たちがやぐらを組んで高さ5メートルほどにつるされた五つの花笠に飛びつき、落とされた花を参拝者らが取り合った。昨年に続いて花笠の芯「輪転」をつかんだ男性(36)=郡上市=は「今年もいい年になりそう」と声を弾ませた。

 昨年は転落事故があり負傷者が出たため、今年は花笠の高さを1メートルほど低くして行った。


カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース