絵本「くまのがっこう」とコラボ 多治見市

2020年01月11日 08:33

 岐阜県多治見市は新年度から、同市出身の絵本作家あだちなみさんが作画を手掛ける人気絵本シリーズ「くまのがっこう」のキャラクターを市の刊行物に掲載するほか、図書館や公園に設置する方針を固めた。「子育ち応援プロジェクト」として進め、事業費を新年度当初予算案に盛り込む。「くまのがっこう」のキャラクターと自治体とのコラボレーションは初という。

 絵本シリーズは2002年に第1作が発行され、これまでに15作品が出版されている。かわいらしいデザインの熊「ジャッキー」が主人公で、温かみのあるストーリーが子どもから大人まで幅広い人気を集めている。

 あだちさんは2年前に母校の小泉小学校(小泉町)を訪れ、児童と交流したほか、タイルにキャラクターを描き下ろしたイラストが昨年完成した精華小学校付属愛児幼稚園の図書コーナーに飾られている。市はあだちさんや「くまのがっこう」とのつながりを市全域に広げ、多くの市民にキャラクターに親しんでもらう考えで、具体的な事業内容を調整している。


カテゴリ: くらし・文化 政治・行政