ご当地ポテチ「五平餅風味」 岐阜県民も納得の味

2020年01月11日 08:04

五平餅風味のポテトチップスを手にする河合孝憲副知事=県庁

五平餅風味のポテトチップスを手にする河合孝憲副知事=県庁

 カルビーは10日、全国各地の味をポテトチップスで再現するプロジェクトで、2019年度は岐阜の味として「五平餅風味」を2月17日に発売すると発表した。

 五平餅は岐阜や長野などの山間部に伝わる郷土食。うるち米を炊いてつぶし、串に固めた後、みそやしょうゆなどのたれを塗って焼く。同社によると、消費者からインターネットで募ったアイデアでは飛騨牛や栗きんとんなども寄せられたが、ポテトチップスとの相性や実現性を考慮し「五平餅風味」に決めた。

 試作を15回程度重ね、県職員らと試食会やパッケージのデザインを検討した。みそとしょうゆの甘みのバランスに苦労したという。パッケージの裏面には、戦国武将明智光秀の生誕地が県内とされていることを紹介している。

 岐阜、富山、石川、福井、静岡、愛知、三重の7県で数量限定で販売する。価格はオープン。同社は17年度は「ピリ辛鶏ちゃん味噌(みそ)味」、18年度は「漬物ステーキ味」を発売している。

 この日、同社の石辺秀規執行役員西日本営業本部長らが発売を記念して岐阜県庁を訪れ、河合孝憲副知事に披露した。石辺本部長が「県民に納得してもらえる味になった」と自信を見せると、試食した河合副知事は「五平餅の味がしっかり出ている」と話していた。


カテゴリ: グルメ