光秀、信長、道三 大河武将イメージの升発売

2020年01月18日 08:26

「明智光秀」「織田信長」「斉藤道三」をモチーフにした升を手にする伊東大地さん=大垣市西外側町、枡工房ますや

「明智光秀」「織田信長」「斉藤道三」をモチーフにした升を手にする伊東大地さん=大垣市西外側町、枡工房ますや

 大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の19日の放送開始に合わせて、岐阜県大垣市西外側町の大橋量器は18日、主人公の明智光秀をはじめ、ドラマに登場する織田信長、斉藤道三をそれぞれモチーフにした国産ヒノキの一合升「美濃戦国枡(ます)」を発売する。

 升は3武将とも家紋の焼き印を押したほか、光秀は麒麟、信長は本能寺の変をイメージした炎、道三は異名のマムシをデザイン。対面にはドラマのタイトルロゴを印字した。

 光秀は大垣市上石津町が生誕地との説もあることから、ドラマ放映を地域の活性化につなげようと商品化した。デザインなどを担当した伊東大地さん(24)は「県内には3武将それぞれの名を持つ地酒があり、升で飲みながらドラマを見てもらえたら。地域特産の升を通じて美濃の歴史文化を味わってほしい」とPRする。価格は各990円(税込み)。同市西外側町の枡工房ますやで販売する。問い合わせは同店、電話0584(78)5468。


カテゴリ: 経済