野田聖子氏に仏勲章 女性活躍や障害者支援に情熱

2020年01月30日 08:47

ローラン・ピック駐日フランス大使からレジオン・ドヌール勲章シュバリエを受ける野田聖子衆院議員(右)=東京・南麻布、フランス大使公邸

ローラン・ピック駐日フランス大使からレジオン・ドヌール勲章シュバリエを受ける野田聖子衆院議員(右)=東京・南麻布、フランス大使公邸

 自民党の野田聖子衆院議員(59)=岐阜1区=が29日、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエを授与された。東京都港区のフランス大使公邸で叙勲式が行われた。

 野田氏は1993年の衆院選で初当選し、郵政相や消費者行政推進担当相、総務相などを歴任。少子化問題や女性の社会進出、障害者支援にも取り組んできた。

 叙勲式でローラン・ピック駐日フランス大使は「(野田氏は)日本社会が抱えている問題に正面から積極的に取り組んできた。たくさんの情熱を持ち、フランスが信念としていることに通じる」とたたえた。

 野田氏は「日本とフランスの懸け橋としての取り組みはもちろん、(人口減少対策など)フランスの成功例を学ばせていただき、引き続き政治家として日本の諸課題解決に取り組んでいく」と語った。


カテゴリ: 政治・行政