柳ケ瀬商店街青年部が20年ぶり復活

2020年02月22日 09:05

柳ケ瀬商店街青年部の復活を報告した水野琢朗さん=岐阜市神田町、十六銀行柳ケ瀬支店

柳ケ瀬商店街青年部の復活を報告した水野琢朗さん=岐阜市神田町、十六銀行柳ケ瀬支店

 岐阜市の柳ケ瀬商店街の若手店主らが今年4月、「柳ケ瀬商店街青年部」を約20年ぶりに復活させることが明らかになった。柳ケ瀬に若手の創業者を呼び込む活動などに取り組む。商店街の活性化策などを話し合う「柳ケ瀬若手大会議」の会合が20日夜、同市神田町の十六銀行柳ケ瀬支店で開かれ、報告された。

 同会議には若手商店主ら約40人が参加。昨年9月から若手創業者を増やす方策などについて意見を交わし、3回目の今回で最後。同会議を企画した商店街のオーダースーツ専門店「サツキテーラー」代表の水野琢朗さん(31)が、青年部の部長に就任する予定だ。

 水野さんらによると、かつての青年部は商店街の衰退に合わせて20年ほど前に活動を休止したという。新しい青年部は岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会の傘下団体として発足し、商店街を含めた市中心市街地の45歳以下の事業者らが加入する見込み。柳ケ瀬の文化継承や価値創造、若手店主らが事業相談できる環境の整備などが目的で、柳ケ瀬を活性化させる企画会議やイベント運営、PR活動などに取り組むという。

 水野さんが会議で報告し「幅広い人が参加できる新しい形の青年部としてスタートしたい」と意気込みを語った。会議では、若手店主らが商店街で取り組みたいことを話し合い、定期市「サンデービルヂングマーケット」でビルの2階の空きスペースを活用する案などが上がった。


カテゴリ: 社会