診察の医師ら5人陰性 感染の女性、飛騨ツアー参加

2020年02月22日 10:57

 新型コロナウイルスに感染した千葉県の70代女性が飛騨地域を巡る観光ツアーに参加していた問題で、女性がツアーの途中で診察を受けた高山市の医療機関の医師ら5人は検体検査で陰性だったことが22日、分かった。

 岐阜県などによると、女性は今月14日には発熱していたが、観光ツアーに参加し、17~18日に高山市と大野郡白川村を観光。体調が悪いため18日午前11時ごろに高山市の医療機関で診察を受けた際、医師や看護師ら5人と接触した。帰宅後の20日に千葉県内で陽性と判明し、千葉県から行動歴の連絡を受けた岐阜県が5人の検体検査をしていた。

 女性は17日、奥飛騨の宿泊施設に宿泊した。岐阜県は、客室を掃除した人などを含め接触したとみられる従業員ら28人の健康観察を続ける。県は、感染リスクの高い「濃厚接触者」は県内にはいないとみている。


カテゴリ: 医療 新型コロナウイルス 社会