市主催行事、中止か延期 高山市

2020年02月23日 08:12

新型コロナウイルスへの対応を話し合った会議=22日午前、高山市役所

新型コロナウイルスへの対応を話し合った会議=22日午前、高山市役所

 岐阜県高山市と白川村は22日、新型コロナウイルスの対策本部をそれぞれ立ち上げ、会議を開いた。千葉県の70代女性が感染発覚直前に観光ツアーで両市村を訪れていたことを受け、対応を話し合った。高山市は当面の市主催イベントについて原則、中止か延期とすることを決めた。

 市の会議では、女性が両市村を訪れた今月17、18日から、潜伏期間とされる2週間(3月3日まで)の対応を示した。不特定の人が集まる市主催のイベントは原則、中止か延期とし、やむを得ず開く場合や参加者を特定できるときは感染予防策を徹底する。

 また、民間のイベントについても開催の必要性を検討するよう主催者に求めるとした。市内で近く開かれる予定だった複数のイベントが中止または延期となった。

 國島芳明市長は「市民の健康を守るとともに、経済への影響をできるだけ少なくするのが重要だ」と述べた。

 白川村では、女性との濃厚接触者は村内にいない可能性が高いことを確認。高齢の村民が参加する会合などについて中止を含めて検討するとした。22日からの3連休中は、万一に備え幹部職員が交代で役場に待機する。


カテゴリ: 医療 政治・行政 新型コロナウイルス 社会