大垣市1人濃厚接触 感染男性と打ち合わせ

2020年02月26日 08:11

 新型コロナウイルスに感染した千葉県の40代男性会社員が岐阜県大垣市を出張で訪れていたことを巡り、岐阜県は25日、男性は大垣市内の企業1社を訪問して3人と接触していた、と発表した。うち感染リスクの高い濃厚接触者は仕事の打ち合わせをした1人で、県は検体検査を実施する。

 県によると、男性は14日午前7時30分ごろ、大垣市内の企業をマスクを着用せずに訪問し、3人と接触。うち1人は、男性と至近距離で1時間程度の打ち合わせをしたという。症状はないが、25日は念のため自宅で待機した。残る2人にも症状はない。

 千葉県によると、男性は体調が悪く、行動歴の調査が十分に進んでいないという。大垣市の企業が、男性の訪問先が自社ではないかと岐阜県に連絡があり行動歴が分かった。

 岐阜県などによると、男性は12日に関節痛などの症状が出たが、同日から広島県に出張に出た。13日午後7時ごろに列車で大垣市に着き、レンタカーで移動して市内の宿泊施設に宿泊。14日は企業を訪問した後、午後1時30分ごろに千葉県に向けて列車で帰った。岐阜県は、宿泊施設の従業員7人、レンタカー店の従業員4人に加え、訪問先企業の濃厚接触者以外の2人については健康観察を行う。


カテゴリ: 医療 新型コロナウイルス 社会