都市型公園「ゆめパーク」オープン 大型複合遊具、噴水広場も

2020年03月22日 08:18

  • 大型複合遊具で遊ぶ子どもたち 
  • アニマル遊具にまたがって遊べる「ちびっこ広場」 
  • 季節限定で稼働する噴水。水遊びができる=いずれも揖斐川町上南方、いびがわゆめパークTo・Le・Mo 

 岐阜県揖斐郡揖斐川町が同町上南方に整備していた都市型公園「いびがわゆめパークTo・Le・Mo(トゥールモ)」が完成し、竣工(しゅんこう)式が行われた。園内はオープンを待ちわびた大勢の家族連れらでにぎわっている。

 同公園は敷地面積約6630平方メートル。2018年2月に着工し、今月16日に完成した。「To・Le・Mo」は、多くの人々に利用してほしいという思いからフランス語で「みんな」を意味する「Tout le monde(トゥールモンド)」から名付けた。

 園内には、複数の滑り台やクライミング遊具を備え付けた大型複合遊具や、ドーム型の屋根とクッション性のある床面が特徴で、アニマル遊具にまたがって遊べる「ちびっこ広場」などがある。噴水広場もあり、水遊びができる。4月下旬~9月末に稼働する。

 竣工式で、富田和弘町長が「子どもたちの笑顔があふれ、地域住民の触れ合いの場となることを願う」とあいさつ。2歳の長女と訪れた町内の30代女性は「近くに大きな公園がないのでうれしい。子どもも思い切り体を動かせる」と話していた。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化