岐阜バス「濃姫」アニメ風デザインに

2020年03月25日 08:46

デザインを一新した濃姫バス=羽島郡岐南町平成、岐阜バス岐南営業所

デザインを一新した濃姫バス=羽島郡岐南町平成、岐阜バス岐南営業所

 岐阜乗合自動車(岐阜バス、岐阜市九重町、黒川公男社長)は、名鉄岐阜駅周辺と柳ケ瀬を巡回する「濃姫バス」のデザインを一新し、運行を始めた。戦国武将の織田信長を描いた「信長バス」や明智光秀、斎藤道三のラッピングバスのデザインに合わせ、アニメーション風に仕上げた。

 濃姫バスは、岐阜駅と柳ケ瀬周辺の循環バス(通称柳バス)として運行。外装は信長の正室濃姫を描き、内装は着物のような華やかな柄や絵巻物風の装飾を施している。

 新たな濃姫のデザインは、信長バスや光秀、道三のラッピングバスと同じイラストレーターに依頼。岐阜市のシンボルの岐阜城を背景に、扇子を手に舞う様子などを描いている。


カテゴリ: 経済