英の三つ星店で採用「ふりかける醤油」 たまりの香り、味まろやか

2020年03月28日 08:59

「ふりかける醤油」を手にする山川晃生社長=岐阜市長良葵町、山川醸造

「ふりかける醤油」を手にする山川晃生社長=岐阜市長良葵町、山川醸造

 みそ・しょうゆの蔵元の山川醸造(岐阜市長良葵町、山川晃生社長)が手掛けるしょうゆ味の塩「ふりかける醤油(しょうゆ)」が、ミシュランガイドで三つ星に選ばれた英ロンドンのレストラン「アラン デュカス アット ザ ドーチェスター」に採用された。三つ星店ではこれまで、国内のすし店で同社のたまりじょうゆが採用されたことはあるが、海外のレストランで採用されたのは初めて。山川社長は「木おけで作ったものが海外で評価されて本当にありがたい」と喜んでいる。

 同社は昨年、醸造用の大型の木おけを新しくした。美濃加茂市出身で、ロンドンで高級食材の卸業を営むバレボーナ・直子さんがこの木おけを見学に来た縁で、直子さんらが同店に紹介した。

 この塩は、たまりじょうゆを作る際に出るかすとたまりじょうゆを日本海の海水と一緒に煮詰めて作る。たまりの香りが強く、しょっぱさもまろやかで、和食ではおにぎりや天ぷらなどにつけて使う。

 同社の海外売上高比率は1%に満たないが、和食人気の世界的な広まりとともに着実に増えている。山川社長は「今後も当社のしょうゆを気に入ってくれるところがあれば、積極的に輸出していきたい」と話している。


カテゴリ: 経済