「世話やきキツネの仙狐さん」とコラボ 写真投稿でグッズゲット

2020年03月28日 08:57

世話やきキツネの仙狐さんのオリジナルステッカー=高山市役所

世話やきキツネの仙狐さんのオリジナルステッカー=高山市役所

 岐阜県高山市や各種団体でつくる飛騨高山観光客誘致推進協議会は、アニメ「世話やきキツネの仙狐(せんこ)さん」とのコラボレーション企画を始めた。市内の稲荷神社を巡り、写真を撮った人に作品のグッズを贈る。5月6日まで。

 アニメは昨年放送され、神の使いのキツネ「仙狐」と会社員「中野」がメインキャラクター。作中では、中野の実家として高山が登場する。企画はKADOKAWAの協力で実現した。

 桜山八幡宮稲荷神社(桜町)と陣屋稲荷神社(八軒町)、山王稲荷神社(城山)を撮り、会員制交流サイト(SNS)にハッシュタグ(検索目印)「#飛騨高山」を付けて投稿する。その画面を本町の中橋観光案内所で見せると、オリジナルステッカーに加え、高山で作られた入浴剤か箸がもらえる。先着500人。

 案内所には仙狐の等身大パネルもある。問い合わせは同協議会、電話0577(32)3333。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化 エンタメ