見頃の桜、花見客まばら 岐阜市

2020年03月29日 08:19

見頃を迎えながら、夕方からの雨もあって人通りまばらな桜並木=28日午後6時19分、岐阜市加納清水町

見頃を迎えながら、夕方からの雨もあって人通りまばらな桜並木=28日午後6時19分、岐阜市加納清水町

 岐阜市内の桜の名所は28日、相次いで見頃を迎えたが、新型コロナウイルスの感染拡大で不要不急の外出を控えるよう求められる中、週末にもかかわらず花見客もまばらだった。

 満開を迎えた同市大宮町の岐阜公園は宴会自粛を求める看板が掲げられ、「人出は少ないね」(管理事務所)。マスク姿の人が歩きながら花を見上げていた。

 川沿いに220本が並ぶ同市加納清水町の清水緑地も満開近くに。地元自治会連合会は恒例の祭りを取りやめたが、ぼんぼりは飾った。高橋優会長(83)は「桜には付きものだから。いま宴会をやる人はいないだろう」と話していた。

 28日は長良川堤や本巣市の淡墨桜も満開になった。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化 写真ニュース 新型コロナウイルス