中国江西省から激励のお礼 岐阜日中協会にマスク960枚

2020年03月30日 08:49

中国江西省から岐阜日中協会にマスクが届き、同封された激励のメッセージを読む古川竜治会長(右から3人目)=岐阜市薮田南、OKBふれあい会館

中国江西省から岐阜日中協会にマスクが届き、同封された激励のメッセージを読む古川竜治会長(右から3人目)=岐阜市薮田南、OKBふれあい会館

 中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岐阜県が友好提携を結ぶ同国江西省に応援メッセージ動画を届けた「岐阜日中協会」に、同省人民対外友好協会から返礼としてマスク960枚が送られた。

 動画は、外出制限などで不自由な生活が続く同省の市民を励まそうと、会員が「加油江西省(江西省頑張れ)」などと書いた横断幕を制作して先月撮影。岐阜市内で開いた、同省の保育園児が描いた絵画の展示や、横断幕を掲げたコンサートの様子も収めた。

 マスクの入った箱には「風雨同舟(共に困難を乗り越えよう)」と記され、「困難の時に助け合うのが真の友人。協力して新型肺炎との闘いに勝利し、友情を深めていくことを期待している」などと激励の言葉がつづられた文書が同封されていた。

 岐阜日中協会の古川竜治会長(55)は「先月と状況が一転し、日本が大変な時に応援の気持ちがこもったマスクを頂いた。今後も海を隔てた友人との心の付き合いを大切にしたい」と感謝の言葉を述べた。

 マスクは、同協会の仲介で県が同省の保育園で木育事業を実施した縁から、岐阜市に来月開館予定の木育館施設「ぎふ木遊館(もくゆうかん)」への寄贈を検討している。


カテゴリ: 医療 新型コロナウイルス 社会