コーヒーと和菓子コラボ 各務原のカフェ

2020年04月02日 09:16

コーヒーと季節の和菓子が味わえるセット=各務原市那加桜町、珈琲工房ひぐち桜町本店

コーヒーと季節の和菓子が味わえるセット=各務原市那加桜町、珈琲工房ひぐち桜町本店

 コーヒーと地元和菓子店の季節の和菓子がセットになったメニューが、岐阜県各務原市那加桜町のカフェ「珈琲(こーひー)工房ひぐち桜町本店」などで登場した。

 同市などでカフェを展開する同市鵜沼各務原町のひぐちと、同町の和菓子店「菓匠 寿紗(かずさ)」の初のコラボレーション企画として発売した。菓子の種類は10日ほどで変わり、1~10日は、餅米を使った桜餅と、いずれも一口サイズの抹茶大福、オレンジ風味のミルクチョコレート入りのもなかの計3種類が楽しめる。

 ひぐち桜町本店には高齢者の客も多いことから、同店でシェフを務める山田英雄さん(53)が、お年寄りも親しみやすい和菓子とコーヒーとのセットを寿紗に提案したことで、地元企業同士のコラボが実現した。山田さんは「寿紗の和菓子は甘さ控えめでコーヒーとの相性もいいのでぜひ味わってほしい」と話している。

 480円(税込み)までのコーヒーとセットで780円(同)。セットは岐阜市北一色の店舗でも提供している。


カテゴリ: おでかけ グルメ