学校は再開不安 保護者「足並みそろえて」

2020年04月04日 08:41

 事実上の外出自粛要請といえる知事メッセージが公表された3日、来週から学校が再開される岐阜県立学校の保護者からは「子供を学校に行かせたいが、もしも誰かが感染したらと考えると不安」などの声が上がった。

 知事メッセージでは、学校再開に伴い感染拡大防止対策の強化を挙げている。全ての県立学校では、マスクを必ず着用することや、校舎に入る前に健康状態を確認するなどの防止策が徹底されることになる。

 息子が高校3年生の歯科衛生士の女性(51)は「ずっと家で過ごし、学校に行きたいと言っていた子供のことを考えると行かせたいとも思うが、もしも誰かが感染したらと考えると不安は大きい」と話した。息子が岐阜市内の県立高校に通う、パート勤務の女性(43)=同市華陽=は「2週間の自粛というならば学校も足並みをそろえ、再開を延期してほしかった。マスク着用と言われても、店を何軒回っても売っていない」と苦言を呈した。


カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会