県内各地ひっそり夏日 飛騨市で27.1度

2020年05月01日 08:08

今年初の夏日になった岐阜市内で、上着を手に歩く女性=30日午後4時40分、同市司町、せせらぎの並木テニテオ

今年初の夏日になった岐阜市内で、上着を手に歩く女性=30日午後4時40分、同市司町、せせらぎの並木テニテオ

 岐阜県内は30日、高気圧に覆われて快晴となり、最高気温は飛騨市で27.1度、多治見市で26.7度、岐阜、美濃加茂の両市で26.4度を観測するなど各地で25度以上の夏日となり、5月下旬から7月上旬並みの陽気となった。

 岐阜地方気象台によると、県内23カ所の観測地点全てで今年の最高気温を更新。下呂、美濃、恵那、中津川、大垣の各市と揖斐郡揖斐川町、大野郡白川村も夏日となった。岐阜市の夏日は今年初めて。市中心部では半袖姿の人や、日傘を差したり上着を脱いだりして歩く人の姿が見られた。

 県内は1日も晴れて気温が上昇する見込みで、気象台は最高気温を岐阜市で26度、高山市で24度と見込んでいる。


カテゴリ: 写真ニュース 社会