「光秀みやげ」自宅で購入 岐阜大河ドラマ館、通販サイト開設

2020年05月04日 08:39

「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」の土産品が購入できる通販サイトの画面

「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」の土産品が購入できる通販サイトの画面

 岐阜市大宮町の「麒麟(きりん)がくる 岐阜 大河ドラマ館」で土産品販売所を運営する同市土産品協会は、商品を通信販売するサイトを開設した。新型コロナウイルス感染症拡大に伴いドラマ館が休館中のため、土産品を自宅で楽しんでもらおうと立ち上げた。

 サイトは「明智光秀ゆかりの地 岐阜 戦国みやげ」。現在、約80点の商品を扱っている。戦国武将をテーマにした商品は会員制交流サイト(SNS)で注目を集めている。鮎の一夜干しや飛騨牛サラミなどが入った「晩酌セット」(税込み2460円)など通販限定のセット商品も人気という。今後、取り扱い商品を増やしていく。

 土産品販売所「おみやげ館」は1月にオープンし順調に売り上げが伸びていたが、感染拡大の影響で落ち込んだ。ドラマ館は4月6日から休館している。

 同協会の藤吉一郎理事長(56)は「大河ドラマ放送を機に開発した土産品を自宅で楽しんでもらえたら。ドラマ館が再開したら、ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けた。


カテゴリ: くらし・文化