こだわり弁当、タクシーでお届け 大垣市のデリカスイト

2020年05月09日 09:12

  • こだわりの詰まった弁当を紹介するファウンダー堀冨士夫さん=大垣市加賀野、デリカスイト本社 
  • 配達のために弁当を受け取る大垣タクシーの運転手(左)=同 

 岐阜県大垣市加賀野の総菜・弁当製造販売「デリカスイト」は、地元タクシー会社と連携した弁当のテークアウトを始めた。「デーリー(日常的)に買っていただけるものからハレの日向けまで、ラインナップでデリカスイトグループの強みが出せた」とPRしている。

 弁当は、酒かすで肉をもみ込み、たまりとみそで味付けしたこだわりの唐揚げを軸にした6種類。価格は税込み600円から用意した。併せて日本料理店「ひら井」(岐阜市)が飛騨牛やカニを用いて手掛けた高級感あふれる弁当は7種類あり、同1200円から。

 希望すればスイトトラベル(大垣市旭町)が運営するスイトタクシーか、大垣タクシー(同市藤江町)のいずれの運転手が有償で届けてくれる。配達エリアは上石津と墨俣の両地域を除く大垣市内でスタートする。デリカスイトの本社で直接受け取ることもできる。

 同社は大型連休前の4月末から、ひら井ブランドによる特選飛騨牛すき焼きセットや「美濃味匠(みしょう)」で出している総菜を電子商取引(EC)サイトで販売。ファウンダー堀冨士夫さん(77)は「外出自粛の中で、外食や(総菜などの)中食に対する欲求は募るはず。それにどう応えていけるのかを考えながら、地域のために尽くしていきたい」と話した。


カテゴリ: くらし・文化 グルメ