スーパーでドライブスルー バロー、事前に注文

2020年05月21日 08:20

専用スペースで商品を手渡すスタッフ=可児市広見、バロー広見店

専用スペースで商品を手渡すスタッフ=可児市広見、バロー広見店

 バローホールディングスは、スーパーに入店せず商品を受け取るドライブスルーのサービスをバロー広見店(岐阜県可児市)で導入した。新型コロナウイルスの感染予防のため、人との接触機会を減らしたい来店客の需要に対応する。

 ドライブスルーは、事業所向けの商品配送サービス「ainoma(アイノマ)」の会員が対象。勤務先がサービスを導入していない場合でも、アプリから会員登録すれば利用できる。

 当日午前10時までに注文すれば、午後2時以降の受け取りが可能。店舗駐車場の一角にあるピックアップ専用スペースに車を止めてインターホンで連絡すると、従業員が商品を届ける。

 購入金額700円以上が利用対象で、手数料は1回200円(税別)。5月末まで手数料の無料キャンペーンを行っている。


カテゴリ: くらし・文化 新型コロナウイルス 社会 経済