20日連続、県内感染ゼロ 1人退院

2020年05月23日 08:30

 岐阜県と岐阜市は22日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた岐阜市の小学校教員の20代女性が退院したと発表した。退院者は137人となった。新たな感染者は20日連続で確認されなかった。

 市などによると、退院した女性は先月15日に感染が判明した。岐阜市と羽島市の両事業所で発生したクラスター(感染者集団)関連で感染が確認された20代女性の姉妹。


カテゴリ: 新型コロナウイルス 社会