鮮やかバラ300種3300株 神戸町・ばら公園

2020年05月28日 09:10

見頃を迎えた色とりどりのバラ=神戸町前田、ばら公園いこいの広場

見頃を迎えた色とりどりのバラ=神戸町前田、ばら公園いこいの広場

 切りバラの一大産地として知られる岐阜県神戸町前田の「ばら公園いこいの広場」で、見頃を迎えたバラが青空の下で色とりどりに咲き誇っている。

 約9千平方メートルの敷地に300種類3300株のバラが植えられている同園では、皇室にちなんだ「プリンセスミチコ」や同町で生まれた新品種「ムーンボー」など多彩な品種を楽しむことができる。

 ピンクやオレンジ、赤色などさまざまなバラや、花を咲かせ始めたショウブもあり、公園を訪れた人は写真に収めるなどして散策を楽しんでいた。公園を管理する同町まちづくり戦略課によると、来月上旬ごろまでバラを楽しめるという。

 同課の担当者は「新型コロナウイルスの感染対策をした上で楽しんでもらえたら」と話した。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化