移動販売ファッショントラック快走 輸入服や雑貨、試着室も

2020年05月29日 08:07

荏名モータースが走らせるファッショントラック「ENA―g」=高山市江名子町の同社

荏名モータースが走らせるファッショントラック「ENA―g」=高山市江名子町の同社

 岐阜県高山市江名子町の自動車販売・修理業荏名モータースは、トラックの荷台を改造し、輸入服や雑貨を移動販売するファッショントラック「ENA-g(エナジー)」を走らせている。

 ファッショントラックは食事を提供するフードトラックから派生したといわれ、欧米では10年ほど前から増加。改造した荷台にアイテムを所狭しと並べたトラックが繁華街などに現れ、人気を集めている。

 「ENA-g」は、担当のオーナー湯下めぐみさんが米国で買い付けたり、輸入したりした洋服をはじめバッグや靴、雑貨、アクセサリーなどを店名を大書した荷台に積み込み、イベント会場やショッピングセンター駐車場などを訪れる。荷台内には試着室もある。

 新型コロナウイルスの影響で今は営業も限られるが、湯下さんは「地域にない商品を取りそろえています。コロナが収束したらぜひ呼んでほしい」と話す。問い合わせは湯下さん、携帯電話080(9781)7016。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化 新型コロナウイルス 経済