「秋の高山祭」中止へ 関係者のみで神事

2020年06月02日 08:54

 岐阜県高山市で10月に開かれる「秋の高山祭」が、春に続き中止となる見通しであることが1日、主催者の神社関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大の懸念があるためで、屋台行事を取りやめて関係者だけで神事を行う見込み。

 高山祭は国の重要無形民俗文化財。2016年に「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。秋の高山祭は桜山八幡宮の例祭で、例年20万人近くの人出がある。

 氏子総代会長の嶋田政吾さん(74)によると、同日あった氏子の責任者の会議で話し合った。人が多く集まり感染リスクが高まることから全会一致で決めた。屋台の引き回しやからくり奉納はない。今後、祭り関係者との協議で正式に決める。

 嶋田さんは取材に「残念だが仕方がない。しばらくは(新型コロナに)用心すべきで、祭りを開く状況ではない」と語った。


カテゴリ: くらし・文化 新型コロナウイルス