夜叉ケ池山開き 登山客が早速出発

2020年06月07日 09:05

  • 登山の安全を願った夜叉ケ池山開き安全祈願祭=揖斐郡揖斐川町坂内川上、登山道入り口駐車場 
  • 夜叉ケ池を目指して出発する登山者=揖斐川町坂内川上、夜叉ケ池登山道入り口 
  • 新緑の木々や澄んだ水面など絶景が広がる夜叉ケ池=揖斐川町坂内と福井県境  

 岐阜、福井県境の夜叉ケ池の山開き安全祈願祭が6日、岐阜県揖斐郡揖斐川町坂内川上の登山道入り口駐車場で行われ、伝説の池への登山が解禁された。

 夜叉ケ池は標高約1100メートルに位置。周囲は約230メートルで、同池にしか生息していないヤシャゲンゴロウなど希少な生物も見られる。干ばつに悩まされた郡司が、恵みの雨の返礼に娘を池の龍神に嫁がせたという伝説が残っている。

 安全祈願祭は、新型コロナウイルス感染防止対策として規模を縮小して実施。富田和弘町長らが神前に玉串をささげた。町観光協会坂内支部の田中正敏支部長(78)が「安全祈願祭の開催について大変悩んだが、登山者の皆さんを安全に迎えるためには欠かすことができないと思った」とあいさつした。

 祈願祭の後、登山者が池に向かって出発。到着すると、池を眺めながら弁当を食べる人もおり、楽しいひとときを過ごしていた。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化 新型コロナウイルス