アベノマスクでつけ麺無料に 北方町の専門店が交換券

2020年06月12日 09:00

つけ麺並盛を手にする篠田仁志さん=北方町平成、つけ麺天下

つけ麺並盛を手にする篠田仁志さん=北方町平成、つけ麺天下

 岐阜県北方町平成のつけ麺店「つけ麺天下」は、新型コロナウイルス対策として政府が全世帯に2枚ずつ配る布マスクと引き換えに、つけ麺並盛(税込み780円)の無料券を渡す取り組みを始めた。集まったマスクは町教育委員会に寄贈する。

 同店はこれまで職業体験を兼ねた子ども食堂を開くなど、子どもたちを支える活動を続けている。さらにコロナ禍で客足が遠のいていることなどから、店主の篠田仁志さん(46)は「子どもたちが使うための備蓄用にしてほしい。無料券でお客さんに店に来てもらうきっかけにしたい」と今回の取り組みを発案した。

 引き換えは30日までで、マスクは2枚入り未開封のものに限る。マスクを持って来店すると、次の来店時から使える有効期限7月末までの無料券と交換できる。問い合わせは同店、電話058(374)5119。


カテゴリ: グルメ 新型コロナウイルス 社会