ハナショウブ漂う涼感 大垣市・菖蒲池

2020年06月18日 08:30

さまざまな種類のハナショウブが見頃を迎えた菖蒲池=大垣市曽根町

さまざまな種類のハナショウブが見頃を迎えた菖蒲池=大垣市曽根町

 岐阜県大垣市曽根町の菖蒲池で、多種多様なハナショウブが今年も見頃を迎えている。

 池は曽根城公園の西隣にあり、市が管理している。約3800平方メートルにわたって、約110種類2万7千株のハナショウブが植えられている。

 今年は例年より1週間ほど遅い6月初めから咲き始めた。白地に紫色の筋模様が入った「追風」、薄紫色の花弁が垂れ下がった「涼夏」など、個性豊かな花の共演が、見る人たちを楽しませている。

 見頃は6月末ごろまで。新型コロナウイルス感染防止のため、開花時季に合わせたイベントやライトアップは中止になったが、自由に散策できる。


カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース