新穂高ロープウェイ新ゴンドラ7月15日デビュー

2020年06月26日 08:28

ロープに取り付けられる新しい2階建てゴンドラ=高山市奥飛騨温泉郷神坂

ロープに取り付けられる新しい2階建てゴンドラ=高山市奥飛騨温泉郷神坂

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高ロープウェイで25日、新しい2階建てゴンドラがロープに取り付けられた。7月15日にデビューする。

 同ロープウェイは現在、リニューアル工事のため休業中。今月24日に旧2階建てゴンドラをロープから取り外し、ゴンドラと滑車をつないでいたハンガーを分離した。

 25日はまず、作業員10人が分離してあったハンガーを新ゴンドラに接合。ハンガーが付いた新ゴンドラをクレーンでつり上げ、ゆっくりとロープまで下ろした。作業員がハンガーと滑車をしっかりと固定し、ロープへの取り付けが完了した。

 新ゴンドラとハンガーは合わせて約9・5トン。強い風が時折吹く高所作業の様子を、運営会社の奥飛観光開発の社員らが固唾(かたず)をのんで見守った。営業推進部の小澤秀彦部長(44)は「取り付けが無事に終わりほっとしている。メタリックグレーの新ゴンドラが四季の景色にどう映えるのかが楽しみ」と話した。

 もう1両の新ゴンドラは週明けに取り付ける予定。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化