「西国巡礼」満願成就 大津市のマスコット、谷汲山華厳寺参拝

2020年06月28日 09:23

西国三十三所観音巡礼を終え「いのりちゃん」や関係者に出迎えられた「べんべん」(中央右)=揖斐郡揖斐川町谷汲徳積、谷汲山華厳寺仁王門前

西国三十三所観音巡礼を終え「いのりちゃん」や関係者に出迎えられた「べんべん」(中央右)=揖斐郡揖斐川町谷汲徳積、谷汲山華厳寺仁王門前

 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積の谷汲山華厳寺を含む7府県33寺院を巡る「西国三十三所観音巡礼」を行っていた第14番札所・三井寺(大津市)のマスコットキャラクター「べんべん」が27日、最後の華厳寺を参拝し、満願成就を果たした。谷汲のマスコットキャラクター「いのりちゃん」が出迎えた。

 べんべんは巡礼PRのため2015年春に巡礼を始め、年5カ所ほど巡った。同巡礼でのマスコットキャラクターの満願成就は18年10月に達成したいのりちゃんに次いで2体目。

 この日、べんべんが華厳寺に到着すると、揖斐川町観光協会谷汲支部の会員や富田和弘町長、同寺の久保寺美好管長らが拍手で迎えた。べんべんは「満願がかない、大歓迎も受けてうれしい。新型コロナウイルスが早く終息してほしい」と話した。

 同支部の梅田正文支部長(70)は「今後もいのりちゃんと一緒に巡礼のPRに励み、盛り上げてほしい」と祝福した。


カテゴリ: くらし・文化