飛騨メロン甘味ぎゅっ 特産収穫

2020年06月30日 09:11

大きく実った飛騨メロン=高山市江名子町、林農園

大きく実った飛騨メロン=高山市江名子町、林農園

 飛騨地域の特産品「飛騨メロン」の収穫が、岐阜県高山市内の農家で進んでいる。今年も網目模様の美しい果実が大きく実った。

 同市の飛騨農業協同組合(JAひだ)によると、栽培が始まったのは1978年。昼夜の寒暖差を生かして育てられ、糖度は14度以上。現在は市内で15軒の農家が栽培している。

 江名子町の林農園は、ビニールハウス10棟で育てており、今月27日から収穫作業を開始。8月末までに1・4~2キロの飛騨メロン5500個ほどを収穫する見込み。作業に当たった林朱美さん(83)は「順調に育った。丹精込めたので、皆さんにおいしく食べてほしい」と話す。

 林農園は1個2500~3500円で、市内の宮川朝市で土日に売るほか、電話でも注文を受け付ける。問い合わせは、電話0577(34)1170。


カテゴリ: グルメ 写真ニュース